カテゴリー
即日対応

浮気していることがわかっていても、ガードが堅い場合、自分

浮気していることがわかっていても、ガードが堅い場合、自分の手で浮気の裏付けを取るということは現実的ではありません。

とはいっても、証拠を掴んでいれば離婚にしろ慰謝料請求にしろ、有利な展開に持ち込むことができます。これは浮気しているなと気づいたら、裏付けをとるよう探偵社に依頼すると良いのです。多少出費はかさみますが、カップルでラブホテルへ入ろうとする写真など、あきらかな証拠が得られるでしょう。

スマホの普及でSNSを利用する人が増えていますが、そこでポロリと不倫が発覚したというパターンも多くなりました。

配偶者がスマホを片時も離さずSNSをチェックするそぶりがあれば、不倫相手と連絡を取り合っていることも考えられます。スマホやSNSへの警戒心は、浮気の有無を見出すきっかけにもなるのです。

いざ浮気調査を探偵に依頼するとなると、調査対象者の関係先をあたって情報を集め、依頼主に提供する探偵の業務は悪いこと(不法な行為)なのではと質問されることがあります。

ご心配なく。

探偵業法を遵守していれば違法ではありません

探偵業法を遵守していれば違法ではありません。

平成19年に探偵業法が施行されるまでは、個人や法人の探偵業者だけ規制する特別な法律がなかったので、違法な詐欺まがいの業者との様々な問題を防止するべく定められました。
探偵に浮気調査を頼むなんて、すぐ離婚するみたいに思われると心配する人もいるでしょう。
ただ、この調査の時点では敢えて難しく考えるより、気持ちの負担を軽くする程度に思ったほうが良いように思えます。離婚云々はさておき、動かぬ証拠を握っておいたほうが、メリットはあるはずです。現実を目の当たりにするのが怖いというのであれば、それもありでしょうが、自分なりにケリをつけたいと感じたら、探偵調査を頼むのがいいでしょう。
たとえ浮気といっても不貞行為ではありますから、相手の配偶者から、不倫の慰謝料請求が送りつけられてくるのは覚悟しておかなければなりません。

一般的に慰謝料というと、相手側の離婚の有無で大きな違いがあります。離婚もしていないのに高額すぎる慰謝料請求があった場合、いったん話を収めてもらい、まずは弁護士事務所に相談するようにしましょう。

どのへんまでを浮気というのかは、その人の倫理観によっても違うでしょう。「私より他の女性を優先した」とか少しでも体が触れ合う(あるいはどちらかが触る)と浮気だと認定する人もいるぐらいです。
法的には配偶者以外との性的な交渉があれば、それだけで不貞行為と認識されます。
一般的には、浮気を連想させる行為やメール、SNS上のやりとりは控えるべきでしょう。普通、離婚となると、たとえ実の親子でも不倫なんかしていると子の親権をあきらめなければいけないと思っている人が少なくないようです。倫理的に言うとそうかもしれません。

ただ、裁判所は違う考え方をします。
子供の親権というものは、裁判では生活を共にしているかどうかや育児への参加度合い等に重点を置いて判断します。
つまり、子供の生育に適した環境かを最も重要なことと考えているようです。

興信所や探偵に調査を依頼するなら

興信所や探偵に調査を依頼するなら、あらかじめクチコミ等を調べておくことが不可欠だと思います。悪い口コミが入っているようなところは、不当に高い料金を請求してきたり、ずさんなバイト仕事で済ませている例もあります。

少なくとも標準より高評価の事業者を選べば、詐欺まがいの請求に悩まされるという不安もないわけですし、肝心の浮気調査の裏付けなども、きちんと行なってくれるでしょう。探偵に浮気調査を依頼する場合、どんな目的でどのような調査をしてほしいかきちんと話し合っておく事は欠かせません。

配偶者の不倫さえなくなれば良いのか、あるいは離婚裁判のための証拠が欲しいのかなどこのくらいは最低限、区別できるようにしておきたいですね。依頼している(期待している)内容によって、調査期間や手法が異なることもあり、必ず伝えるようにしましょう。

興信所や探偵社に不倫調査を依頼する場合、依頼者からするとその費用は、もっとも気にかかる問題でしょう。このごろは、調査業務に関する相談は無料という事業者も増え、費用のわからないまま契約するなんてことにはなりませんが、もし、悪質な業者にあたる危険性を危惧しているならば、相手の会社ではなく、不特定多数の客がいるコーヒーショップなどで相談すると良いのではないでしょうか。不当な契約の強要の防止につながるからです。

浮気の素行調査を探偵社に依頼する時は、最低限、相場というものは調べておいたほうが良いです。
依頼者の悩みに乗じたかのような高額な料金を請求する業者に引っかからないためにも必要なことです。
さらに、見積り時点では安くしておきながら、規定外作業や割増時給だの、追加料金で底上げした高額な請求をつきつけられることもありますから、あらかじめ料金については、納得がいくまで確認すると良いでしょう。不倫する人というのは明るそうに見えても、鬱状態の人が少なくないようです。
共通する点といえば、精神的な緊張や負荷でしょう。
恋愛の片方が既婚者か、W不倫の場合、不安やストレスを感じることが多く、精神面や体の不調として出てきます。

また、浮気されたパートナーのほうもウツになりやすいと言えるでしょう。

興信所の仕事と聞いて、ほとんどの人が尾行を想像することでしょう。密偵という言葉があるように、相手に気づかれずに追跡しながら、依頼された証拠を得るまで調査するのです。

調査していることがバレることはほとんどありませんが、探偵は調査対象者の行動をある程度、見越しておく必要があります。相手の不定型の行動に迅速に対処するのがこの仕事なのです。浮気は男性の専売特許のように思われがちですが、女性だって浮気するじゃありませんか。

女性だって子供の送り迎えやスポーツジム、パート先など、出会う機会なら色々あり、ダブル不倫なんて言葉も定着するくらいですので、夫や子供がいても、浮気する人はするんです。
近頃は女性の浮気が右肩上がりに増えていますし、配偶者の不倫で探偵社に相談する男性が以前ほど珍しいものではなくなってきました。
探偵業務はオーダーメイド的な要素も強いせいか、中にはとんでもない金額を請求する場合もあるようです。しかし、調査の質の高さと価格の高さはイコールかというと、確実にそうだとは言えません。

成果があればこその対価であるのに、最も大事な不倫の裏付けすらできなかったという結末にならないためには、費用の相場を、契約を交わす前におさらいしておくべきですね。調査レポートとか調査報告書と呼ばれるものは、記載事項はだいだい同じでも形式が定められているわけではありません。とはいえ、離婚調停や裁判所の審判が必要なときに利用する可能性がある場合は、やはり証拠として認められるよう、元々の調査がしっかりしていて記載の要領も良い報告書である必要があります。調査報告書の利用方法を考慮した末、探偵社を選ぶようにしておけば安心です。

もしパートナーの浮気が発覚した際は、ひとまず、今後の対処をはかるためにも、気持ちを静めて冷静になるよう努めましょう。

不倫を許して一緒にやっていくことが無理なら、離婚と慰謝料といった問題も出てきます。相手と話し合いの場を設け、以後どうするか、きちんと話を詰めておきましょう。

浮気がばれると、慰謝料の支払いが発生することもあります。

相手がきちんとした裏付けをとっていれば、本当に潔白でもない限り、逃れることはできません。

慰謝料として要求される金額は、引越代(60万程度)からその10倍くらいまでと本当にケースバイケースで異なります。支払いが無理そうなら、分割期間の変更や減額を頼んでみることもできます。相手がいるのに一線を越えてしまうのが不倫ですが、相手を替えて何度も重ねる根絶しがたい面を持っています。交際相手とのやりとりが見つかって、一応反省はするものの、浮気相手と示し合わせて猫をかぶっている危険性もあります。

言動から怪しさを感じ取るようなことがあれば、興信所などを使って調査してもらい、きっちり不倫の裏付けをとり、責任をとらせるべきではないでしょうか。
調査を探偵に依頼したときは支払いがつきものです。

肝心の精算方法についてですが、規模の大きな会社ならローンを利用した分割払いやクレジットカードができるところもいくつかあります。すぐ不倫の調査を依頼したいのに、お金を貯めているヒマがないなんていう場合は、分割での支払いに対応してくれる探偵社を中心にリストアップしていくと機会を逃さなくて良いですね。

パートナーとその浮気相手を別れさせるためには、きちんとした不倫の裏付けをとって、双方に慰謝料の支払いを求めるのが、よく効くようです。たとえばちょっとしたお遊びとか、本人たちは悪いことをしている感覚はあまりないケースも多いですから、慰謝料を求めることにより、自分たちがしでかしたことの償いをさせるのです。

探偵社に任される仕事というと、その大半は不倫関連の調査です。どのように探偵が調査しているのかを、不倫調査を例におさらいしてみましょう。標準的な不倫調査としては、まず、対象の追跡を行います。何日も調査しても経費がかさむだけですから、浮気しそうな日を絞って不貞行為の証拠を入手します。
探偵社への依頼の仕方は、まず、電話で相談します。心配なら非表示でかけるのもOKです。

実際に相談員と話して、さらに話を詰めたいと思ったら、最寄りの営業所まで行きます。打ち合わせが済んで、任せても良いと判断したところで契約になります。
ここへ来てやっと調査が始まります。

前からなんとなく不倫の兆候があったんですよね。
確証が欲しくて、友人宅のPCを借りて探偵社を探してみたのですが、該当サイトがぞろぞろ出てきたのでびっくりしました。

3社ほど問合せして、もっとも相談員さんの対応が良かった会社に調査を依頼しました。

覚悟していたとはいえ、証拠を見てしまうと、のどの奥が固まるような気分でした。探偵の調査能力というのは、企業規模も確実に影響してきます。全国規模でフランチャイズ展開している会社は、新しい機材の検証や、それによる調査方法の見直しなどに取り組んでいて、その時々のニーズに合わせた調査方法を持っています。
大手業者は仕事の品質を維持向上させるため、相談員や調査員の教育にも積極的で当然ながら調査面にも表れてくると思います。不倫をしでかした配偶者を最大限に懲らしめるには、社会人としての信用や、公共の場での立ち位置をおびやかしてやるのが良いのではないでしょうか。それには証拠固めが不可欠ですが、逆にいうとそれさえあれば、後はとことん締めあげてやるまでです。
中には浮気相手への追及もぬかりなく、職場や家族に知らせて溜飲を下げるという人もいないわけではありません。

ご近所と付き合えなくなったり職場をやめたりと、さんざんな末路になるかもしれませんが、自業自得でしょう。かつては安値で探偵を引き受ける業者は劣悪という印象でした。お客に内緒でいい加減な調査をしていても、気付かれることは殆どなかったからです。ただ、最近はインターネットがあることですし、業者の誠実さなどはクチコミ評価などを見て判断することができます。安すぎる業者を選んで失敗する例もある一方、高いばかりで品質が伴わないところへ不倫調査を頼んでもお金を溝に捨てるようなものですから、費用対効果がきちんとある会社を見つけるのは大事なことです。

一時的な遊興や逃避で始めた交際だったとしても、された側にとっては人生の幸福が台無しになりかねないのが不倫というものでしょう。信頼を裏切る浮気を黙認することはありません。

不倫の証拠収集というと身近なところでスマホ(携帯電話)でしょう。

メール履歴がなくても、フリーメールやSNSを使って連絡をとっていると考えるのが妥当です。

浮気の理由とかきっかけを聞いてみると、そのほとんどは、配偶者との生活のマンネリ化が耐えられないからだそうです。

言葉は違っても結局はそれみたいですね。恋愛していた頃の気分を取り戻したいという思いが浮気へと走らせるようです。

怒ったところで逆効果ということもありますから、双方の言い分を尊重し、お互いに我慢したり苦しいと感じていることは何かを話してみて、認識するのが肝心です。

言い合いにならないよう冷静な気持ちで臨みましょう。探偵社に調査を頼んでも、結果が出せないことがあります。それは浮気調査で調査期間中にその行動が見られなかったケースです。

しかし日数ではなく、調査能力不足によって証拠をあげられないというケースもないわけではなく、興信所や探偵会社のクチコミを事前にリサーチしておくことはとても大事なことです。それから、相談時に説明を怠らないのが良い結果に繋がることも覚えておいてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です